SNS, エンタメ

ツイキャスライブ

スポンサーリンク

すぐに生放送できるツイキャスライブ

美味しいものや素晴らしい景色、面白いものや珍しいものなどと出会ったときに、そのときの感動や思いをすぐに誰かに伝えたくなることがありますよね。そんなときに大活躍するのが、SNSの存在です。

今の世の中LINE、Twitter、Instagramなどを日常的に利用して楽しんでいる方は数え切れないほど多くいらっしゃいます。わたしも利用している一人で、中でもLINEとInstagramは頻繁に使っていますが、リアルタイムで誰かに何かを伝えられるのはやはりうれしいものですね。

ツイキャスライブは、綺麗なライブ中継ができるアプリ、通称ツイキャスで知られていて、ライブ動画配信のできるアプリということで有名です。NHKテレビRの法則、めざましテレビ、ZIPなどのTV番組や、女性誌雑誌、新聞でも紹介されたことがあり、今では1000万人ユーザーがいて、みなさん自由に動画配信をしたり、受信したりして楽しんでらっしゃいます。

スポンサーリンク

ワンタップで配信

ツイキャスライブは、アプリをダウンロードしてからSNS連携を利用してのアカウントですぐにログイン、その後ワンタップで動画配信することができます。「いますぐこの動画を配信したい!」と思って手間を感じることなく、パッと使えるのはうれしいですね。

SNS連携を利用して配信スタート合図

ツイキャスライブアプリは、SNS連携でFacebookやTwitterなどがありますから、ライブ動画配信スタートすることをお友だちに簡単に伝えられます。リアルタイム動画配信するとなれば、お友だちもどんな動画なのか楽しみになるでしょうし、動画配信する側としてもワクワクしてきませんか?もし、たとえそのときにお友だちから見てもらえなかったとしても、配信し終えた動画は保存しておくことができますので、あとで見ても楽しめます。動画を録画したい場合には、その動画にタイトルをつける、またはたくさんのリスナーさんに見てもらう、このうちの1つを満たしていれば保存しておくことができます。

まるでリポーターのよう

ライブでの動画配信でリポーターのような配信ができると、配信する側もリスナーさんも双方で楽しめますね。動画配信中には、リスナーさんの方でツイキャス・ビュアー機能を利用してコメントを送信しながら、キャス主さんの視聴を楽しめます。ツイキャスライブ動画の配信方法は、その他キャス主さんの動画画面にリスナーさんが入ってコラボで動画配信するというコラボ機能があります。また、動画配信するときに気になってしまう、縦モードがいいのか横モードがいいのかということは、お使いのスマホで自由変換ができるので考える必要は全くありません。

弱い電波でもライブ配信

ライブで動画配信したいようなシチュエーションに遭遇して、そのときいる場所の電波状況が良くなかったら、大抵の場合にはライブ動画撮影をあきらめてしまいます。しかし、ツイキャスライブアプリを使ってのライブ動画配信は、そのような電波が弱い場所であってもなめらかモード機能というパケット節約型機能が備わっていますので、対応することができます。千載一遇のチャンスにみまわれ、珍しいものと出会ったときにたまたま電波状況が悪く、リアルタイムライブ動画配信することができなく残念な思いをしたということも、ツイキャスライブアプリを使えば解消されるでしょう。

写真を使ったラジオ配信も可能

ツイキャスライブは、ライブ動画配信だけのサービスだけしかないわけではありません。写真を使っての音声のみのラジオ配信もできますし、テロップ機能もありますので他のリスナーさんの参加も自由にできます。キャス主さんだけでなく、リスナーさんも楽しめる生放送アプリです。一度利用するとその楽しさを知ってしまい、継続利用する方もいらっしゃいます。

ツイキャスライブ アプリダウンロード

Androidはこちらから
iPhoneはこちらから
iPadはこちらから

アプリをもっと知りたいなら

広 告