ニュース&雑誌

ニュースパス

スポンサーリンク

最新&話題のニュース見逃しゼロ!「ニュースパス」でまとめ読み

これは時短!必要なニュースだけに絞って読める!KDDI&グノシー共同開発の「ニュースパス」アプリは、ユーザー間の口コミでも大評判。「最新のニュースを読みたいときにリアルタイムで読める」 「読みたい時間に自由にニュースが探せる」 「今、話題のニュースがダイレクトに見られる」 …など評価点も高いのが特徴です。口コミで好評なので、気になって実際に「ニュースパス」をダウンロードして使ってみました!

トップページ「トピック」では最新ニュースや重大ニュースがカテゴリー問わずズラリ。その横にはカテゴリー別にニュースがピックアップされています。カテゴリーは並べ替えできて、増やすことや減らすことも自由自在。好みのニュースだけに絞ってカスタマイズしてしまうのも◎。またいつでも動作が軽くサクサク読めるので、ストレスフリーなのも魅力です。

スポンサーリンク

利用しなきゃもったいない!便利な3つの機能

世の中、たくさんのニュースや情報が飛び交っていますよね。だからこそ「便利な機能が充実していたほうがいい!」と思ってしまいます。「ニュースパス」には、一つの気になる話題をもっと深く掘り下げて知りたいと思うときに使える、便利な機能が3つ付いていますよ。

1.フォロー機能:トップページ下の「フォロー」☆印をタップ。注目のキーワードやおすすめのメディアから選択、またはトピック検索して追加します。
2.急上昇ワード機能:「フォロー」をタップすると、世界中で話題の「注目ワード」をチェックできます。
3.検索機能:今そして過去のニュースを検索することで、深く掘り下げられます。

以上3つの便利な機能が「ニュースパス」にはついているので、ぜひ使ってみてくださいね。

「ニュースパス」の情報源の数はどのくらい?

「ニュースパス」アプリで使われているニュースソース=情報源の数、一体どのくらいだと思いますか?

新聞やTV、雑誌、webなどを含む情報媒体、その数200以上。ありとあらゆる情報源をかき集め、TwitterやFacebookなどのSNSへの広がりがどのくらいあるのかなどもリサーチ。それも含めて、独自の解析を利用して選び抜かれたニュースだけが「ニュースパス」内でわたしたちに届けられているんです。

今旬のトレンドニュースをいつでもどこでもチェックできるのは、忙しい方にとってはうれしいですね。

25以上の充実したカテゴリー数

ニュースを読むとき、話題のニュースの他に「自分の興味関心のあるものも見て情報をGETしたいな…」とも思いますよね。「ニュースパス」で扱っているカテゴリーの数はエンタメや経済、スポーツ、国際など25以上の充実ラインナップ。豊富なカテゴリーの中から好みのニュースがきっと見つかります。数が多いので読みごたえも充分感じられるでしょう。

☆扱っているカテゴリー
・エンタメ
・芸能
・映画
・音楽
・グラビア
・週刊誌
・コラム
・お出かけ
・女子
・恋愛
・ビューティー
・ママ
・国内
・政治
・社会
・気になる
・スポーツ
・サッカー
・野球
・高校野球
・競馬
・国際
・経済
・グルメ
・テクノロジー
・地域

プッシュ通知配信サービスもある「ニュースパス」。おすすめの記事や最新ニュースの配信を1日4回行なってくれます。どこにいても新しい旬のニュース&記事をチェックできるなんて便利ですよね。配信される時間の変更は、トップページ右下「メニュー」から入って「通知設定」で行なってください。

「メニュー」の中にある「閲覧履歴」を見れば、過去に見た記事の一覧が見られます。「ニュースパス」には、残念ながらブックマーク機能がないので、この「閲覧履歴」をブックマーク代わりとして利用するのがおすすめですよ。

今使っているニュースアプリに飽きた方や、これからダウンロードしようと考えている方、日々忙しいけれどニュースだけは見たい方は、「ニュースパス」をぜひ使ってみてくださいね。「検索機能」「フォロー機能」「急上昇ワード機能」の3つの機能と、カテゴリーのカスタマイズをしてあなただけのオンリーワンニュースアプリとして楽しめますよ。

ニュースパス アプリダウンロード

Androidはこちらから
iPhoneはこちらから
iPadはこちらから

アプリをもっと知りたいなら

広 告